佐渡汽船、寺泊ー赤泊航路撤退で住民説明会

佐渡に行ってきました。昨年の10月以来ですが、夏の佐渡はやっぱりいいものです。しかしこの島にも様々な問題があるようです。
先月、佐渡汽船が佐渡と新潟を結ぶ3航路のうち、真ん中の寺泊-赤泊航路の撤退方針を発表し、県と佐渡市、長岡市に説明しました。

現在のこの航路の問題は、そもそも一回も黒字化していないうえ、経費節減のため2005年にカーフェリーから高速船あいびすに切り替えたことです。
そのこと自体悪いことではないのですが、そもそも荒海の日本海を渡るには役不足で、多少の改造を施したものの、荒天での欠航率が高すぎて地元の足としても、観光としても使いにくいのが現状です。そのため更に乗客数減少しています。私が赤泊港にいったときも乗客は少なめでしたね・・・。

この航路は新潟側、佐渡側とも交通の便が不便であることが問題視されています。佐渡側はさしたる観光名所もない赤泊で、しかも観光地や他の街にも遠く、バスの便も不便・・・です。寺泊側もJRの駅からも遠いうえ、その駅も大きな駅で無いため電車で行くのも難しいです。幸い北陸道からのアクセスは悪くないのですが、その時間プラスアルファで新潟港につけてしまうので、時間的なメリットは少ないのです。

しかしメリットも多いです。寺泊自体が観光名所です。そもそも大都市で観光という感じではない新潟港や、春日山城などの名所もあるものの観光地というイメージが少ない直江津に比べれば、はるかに楽しめます。温泉・宿もありますし、何よりも魚の市場通りは新鮮な魚を購入できるだけでなく、味わえることから根強い人気もあります。もちろん弥彦山や弥彦神社という名所もそれほど遠くはありません。

何よりのメリットは高速船が稼働すれば、約1時間で佐渡に到着すること!!これは新潟のジェットフォイルとほぼ同じです。もちろんジェットフォイルのほうが速いのですが、寺泊-赤泊のほうが遙かに距離が近く、3ルート中最短ということもあります。距離が短いので乗船料も安いです。往復でもジェットフォイル片道と変わらないコストパフォーマンスです。日帰りも可能です。

船の欠航は天候なので仕方がないのですが、この航路の欠航数は尋常じゃないです。少し不便でも新潟周りで行こうと思ってしまう地元の人も多いと思います。現代の人は揺れにも本当に弱いので、この航路は揺れが少なく欠航が少ない船を導入していかないと、どうにもならないのでは?と感じます。

そもそも日本海は揺れるの当たりまえですし、観光客自体の大幅増や、地元の人たちが本当に船を使って行き来が増える見込みも少ないわけですから、対策は本当に難しいのだと思います。それでも佐渡を愛するものとして、この航路を存続して欲しいと切に願っています。

[`evernote` not found]
LINEで送る