今年は木造構造計算ソフトラッシュ??

今年は、新グレー本2017(木造軸組工法住宅の許容応力度設計2017)の発売もあり、久々に木造構造計算ソフトが活況です。もっとも役所・確認検査機関の審査内容が変わってきたこともあり、既存の木造構造計算ソフトでは対応が難しくなってきた、というのもあるのでしょう。乗換などの相談も多いですね。

KIZUKURI、STRDESIGN、HOUSE-ST1など新グレー本ベースの新グレー本2017への対応は、既に行われた、もしくは秋に行われる具体的な予定が出ています。新グレー本対応だけでなく、使い勝手の向上や機能追加も行われているものもあります。

壁倍率に寄らない構造計算への需要も高まり、秋に46条2項ルート(ルート1、ルート2)対応の新作ソフト2つが仲良く?リリース予定です。またルート3対応にupもそろそろ予告されるであろうソフトもアップデートで出る予定です。

グレー本に忠実に計算することで、審査機関受けの良い計算書を作成することに重点に置く物と、より高度な計算を目指し、スキップフロア、トラス、高倍率耐力壁、方杖など特殊な計算もできるソフトと方向性が2分されてきたような気がします。

木構造の設計者は、恐らく両方を最低一本ずつもつようになると思います。木造構造計算ソフトのシェアも今年は大きく変わりそうです。また汎用の立体解析ソフトを使う人は減ってくると思います。構造計算の価格体系も変わってくると思います。

ツーバイフォーの緑本も改訂が見えてきたので、CLTも合わせて木構造の技術者は慌ただしい時期を迎えるのかもしれません。

[`evernote` not found]
LINEで送る