ST-Bridgeの使い道ある?

一時期、BIMとの連携で明るい未来を見せてくれようとした、IFCとST-Bridge。意外とダメダメだったということが見えてきて、最近あまり話題になりません。特にST-Bridge。互換性や実用性を考えると何のための企画なのか?と頭を抱えてしまいます。構造計算ソフトに専用のコンバーターをかましてBIMへ、というのが主流のようです。

今回もASCALからI-ARMに転送してみましたが、正直何かしようとは思えませんでした。GLOOBEも同様です。こちらもいろいろ考えて行けばいいのでしょうけど、そこまでの情報もありませんし、時間もありません。結局大手設計事務所やゼネコンなどのようにきちんとした仕組みを作るか?個人的マンパワーで不満点を払拭して(したつもりになって)付き合っていくしかないようです。

もっとも時間がかかるにしろ、今後もST-Bridgeは開発していくようですし、ソフトウェアの対応も変わってくると思うので、気長に待つとしましょう。

[`evernote` not found]
LINEで送る