HOUSE-ST1 Ver7.5

HOUSE-ST1も新グレー本2017(木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2017年版))に対応するバージョン(Ver7.5)を10月に発売いたします。現状発表されている他社の改訂内容よりはしっかりしていますね。その分対応が後手に回り発売日は遅れますが・・・。

Ver7が発売されたばかりということもあり、最新版のVer7をお持ちの方は無償バージョンアップとなります。Ver6以前の方は有償バージョンアップとなります。そろそろ確認申請の対応も含め難しくなってきていますので、これを機に最新版にupすることをお勧めします。

良い点は、木3等軸力が厳しいもので短期めり込みの計算を行った際の土台プレートなどの数が激減します。短期めり込みの検討自体はVer6でも問題無く行えますが、やはり無駄なものはできるだけ使いたくないものです。

不評だった耐風梁の計算も改善されてきています。水平構面の構造計算を省略できる条件の検定式の変更にも対応しています。

なんとなくですが、WOOD-STの発売日と似たような時期になると思われます。新規の方は迷いますね。やはり計画性がないのか?それともこの時期を狙ったのは何か理由があるのか?気になりますが、WOOD-STの詳細がわかってからでないとなんともいえません・・・。

[`evernote` not found]
LINEで送る