ARCHITREND ZEROのwallstat連携

早速試してみました。

簡単なプランをアーキトレンドで意匠図だけ書いてどこまでできるか?検証します。

構造図を描かなくては意味がないのでは?と思うかもしれませんが、構造図オプションを持っていない人も多いはず。そんなわけで、様々な方法を想定しているのかもしれません。

注意しなければならないのは、通り芯を入れること。入れないと変換できません。また筋かいなども先に入れておくと良いでしょう。部屋と筋かいと通り芯を入れて、CEDXM形式に変換します。物件選択メニューのなかにありますので、お間違いなきよう。

変換したらwallstat studioを起動しファイルメニューからインポートを実行し、CEDXMファイルを読み込みます。読み込んだ結果がこれ・・・

柱と筋かいが変換されていますね。ちなみにこれは1階

2階は、床が変換されているみたいですね。

構造オプションがなくてもここまで読み込めるので、省力化は図れるはずです。あとは梁等を入れて仕上げます。

アーキトレンドから変換すれば簡単に振動アニメが見られる!!という幻想ではありません。もちろん構造図があれば梁なども入っていますからより理想に近づくと思います。構造図・構造計算がなくても、ここまで変換できるので、使って見る価値は大です。

ちなみに、振動アニメを製作する時間はかなり長いので、覚悟して挑戦してみてください。

[`evernote` not found]
LINEで送る