いろいろと面倒なwallstat

アーキトレンドとwallstatの連携実験も無事終わりました。そんなものか、というのが正直な感想。CEDXMのデータから考えれば過度な期待はしないほうが良いでしょう。むしろwallstatの奥深さを改めて感じますね。計算時間が長いことも普通のパソコンなら計算させながら別の仕事もできますから、リズム感をもってやっていれば、意外と気にならないこともわかりました。若い人には辛いと思いますが。

パラメーターなどもなんとなくわかってきました。できればstudioで全てやれればいいのでしょうけど、まだまだ先は長そうです。それでも入力編集がGUIでできることは確認作業も含めずいぶん楽になりました。未だ不明な落ち方をしますが、そんなもんと割り切って、保存をこまめに行っていれば大丈夫です。

新製品の3DアーキデザイナーにもCEDXMの出力ができるのですが、そもそも柱の概念が薄いソフトなので・・・普通のやり方では間取りすら転送できませんでした。ついでに簡易構造診断で壁を入れても転送できませんでした。まあそういうことです。つまりアーキトレンドには、wallstatに転送しやすくなるようなCEDXMを吐き出すように工夫してあるということです。

この文章も計算時間に書いています。現在32%。やっぱり時間がかかります。初めて木造3階建てを解析させていますから。予想通りの揺れになるか楽しみです。

[`evernote` not found]
LINEで送る