kizukuri Ver7.6

発売されたようですね。知人の情報だと、実質的にその他の積載荷重が大幅に増えて画面バランスが崩れた(・・・)ということが大きいそうです。冗談はともかくその他が14まで増えたのでかなり詳細な荷重調整が可能になったようです。金物工法の梁受け金物の算定計算も地味に便利そうです。

注目の短期めり込みの低減は、新グレー本2017に新たに記載された方法で検討しています。その設定がデフォルトのようで、応力図に風圧時と地震時のめり込みが表示され(β値を乗じた値)短期めり込みが計算されるようです。その効果は大きく、この方法が今後主流になっていくと思われます。

他にCEDXM機能は、kizukuriの仕様から期待できないだろうな~と思っていたら、やはり補助機能に近い実装となっているようです。意外と使えるかもしれません。

[`evernote` not found]
LINEで送る