日本の都市の寿命と木造住宅

日本の都市といえば、昔は平城京や平安京といった都。もちろん今は残っていないけど。古い木造で残っていると言えば法隆寺等。街として残っているわけではない。それでも奈良井宿などある程度古くい建物が比較的残っているゾーンはある。東大寺大仏殿のように最早木造ではない補強が施されているものもあるものの、木造オンリーでも残っている住宅などは意外とある。それでも寿命はある。痛んだ部材を交換していけば、意外にもつものです。そして壊すとき、新たに建てる建物に流用しやすかったりします。木造のメリットですね。もちろん燃やしたり、他の材料として転用することもできます。

しかし近年我々がやっていることはどうだろうか?木造の耐震化といって、再利用できない部材を多く使い、合板などを釘やビスで密に打ち込み、壊しにくい。燃えないための工夫は短期的には火事に強く街の防災に役に立つが、長期的にはどうか?そして高気密高断熱。痛んだ部材を発見しにくくなっています。これで木造の暖かみとか長期優良住宅なんて語り出すから笑ってしまう。

ある程度の耐震化は都市に有益に働いていたが、熊本地震のあと「複数回の大きな揺れに対応」といった過剰設計を目指す向きは将来的に見てどうか?と耐震や構造をやっている人間でも疑問に思ってしまう。もちろん人口拡大期なら問題がなさそうに感じられるが、今後急激に人口が減ってきて、必要住居が少なくなってくる局面、果たして欧米のように数百年も持つ建物が必要か?これも疑問です。

最近、木造住宅の解体で大きな問題が出てきています。やたら柱状改良など行っているので、その解体の手間・お金が非常にかかること、元に戻すことが難しいこと。そして、頑丈なべた基礎は解体に非常に大きな手間がかかるだけでなく、近隣に振動被害を与えてしまうことも出てきています。

日本の住宅が短寿命なのを日本人の国民性として片付けるのはたやすい。しかしそうなったのは理由がありそうです。例えば火事。都市では地震より火事が怖かった。火事を消すには火消し等が延焼を防ぐために建物を壊したとか。ある程度解体しやすさも必要だったのでは?そして湿気の多い風土。伝染病などを防ぐためには都市の固定化は、それなりに脅威だったのでは?とか。もちろん戦国期のような戦争も含め、土着しにくい時期もあったと思います。

もちろん地方と都市では考え方も違います。ただ日本にとって木造住宅というのが諸条件を照らし合わせると、一番合理的だったから多く建ってきたということは言えそうです。ビルや最近の住宅がそれに適合するのか?かなり疑問ですね。

最近の省エネ一点張り、高耐震性建物への取り組みは不安に感じますね。性急すぎて。そのマイナス面はあまり語られず、経済性を中心とした、省エネ、耐震という要素のみで取り組みがされているような気がします。そんな流れに疑問を覚え、考えて行かなければならないのは個人の建築士の方々なのだと思います。

私が史学科出身の珍しい建築士だから考え方がオカシイのかもしれませんが、都市にも建物にも寿命があるのは自明の理。そのなかで自分なりの最適解を見付けていきたいと思っています。

[`evernote` not found]
LINEで送る