DH土台あんしんプレート用のチェックシートを作る

なまあずソリューションのページで記事を書きましたが(注:excelシートupしました 5/26)、意外と簡単です。タナカの土台プレートⅡを使っている方が多いと思いますが、ホールダウン干渉などに悩むことが多いのですが、DH土台あんしんプレートなら、その心配が半減します。まだまだ情報が少ないですがツール類を作れば意外と簡単に検討書を作れます。ちなみに記事のキャプチャーはHOUSE-ST1用ですが、Kizukuri用も作りました。このシートのありがたいところは(自分でいうな)短期だけでなく長期も簡単に検討できることです。恐らく両ソフトとも、この土台あんしんプレートの根拠数字を使った計算モジュールは作らないでしょうからね。しばらくはこのシートを試験的に活用して、同金物の検討を行おうと思います。

新グレー本2017対応は、意外と奥が深いですが、注目されているのは短期めり込みと省略条件。まずは目立つところから潰していきましょう。

 

[`evernote` not found]
LINEで送る