続々と新グレー本2017(木造軸組構法住宅の許容応力度設計2017年版)対応

そもそも2008年版の欠点を是正し、法令との矛盾点をなくし、Q&Aの回答を織り込んだ・・・マイナーチェンジなわけで、プログラマ的にはどうかはともかく変更点が少ないので、比較的早期に構造計算ソフトも対応してくると思っていたのですが、この時期続々とその知らせが入ってきています。新グレー本とは関係なく、某掲示板でつぶやかれている(私ではない)木造構造計算ソフトの新型など開発しているところもありますが、まずは既存の対応が先決だと思います。

東京デンコーの木三郎4は、早々に対応し、期間限定キャンペーンを実施しています。株式会社コンピュータシステム研究所のKIZUKURI(注:木造舎より譲渡されている)は、6月に短期めり込みなどに対応し、CECXMの入出力機能や金物工法を強化したKIZUKURI Ver7.6を投入します。その他会社からも、続々と対応の話が上がってきています。確認検査機関での指摘内容も、短期めり込みは必須、というところも多くなっておりますので、今のうちに対応方法を考えておいたほうがいいでしょうし、このような対応商品に移行する必要がありそうです。

 

[`evernote` not found]
LINEで送る