HOUSE-省エネとSAVE-住宅で申請してみる

はい。実務本格投入です。ほぼ同時に。

まずSAVE-住宅で木造三階建ての共同住宅の省エネ計算書の作成です。部下Aが担当。ちなみに構造計算は私がやりました。HOUSE-ST1とKIZUKURI両方で(申請をどっちで出したかは秘密)。屋根形状が単純じゃなかったことと、ちょっと特殊な形状なのでかなり苦戦していましたね。それ以前にソフトの設計の問題とか、木造はあまり考えていないんだろうな~ということと。とりあえず合計数値が一致しないのは納得できない。苦情いかないのか、うちだけの問題なのか??

なぜ両方持っているの?と思うかもしれませんが、ソフトウェアというものは二個同時に起動できません。あくまで普通。両方持っているとどちらか片方は使えます。共同住宅二棟同時はなくても戸建て住宅二棟同時はよくあること。よって、この二本の組み合わせは比較的相性はいい。細かい部分で違うのは気になりますが・・・。

私は戸建ての低炭素住宅の計算。検討は30分で終わってしまう。検討がスピーディーに行えるのはSAVEシリーズの良い点です。しかし計算書を作ろうと思うと難関が待ち構えているのは、SAVEシリーズ最大の弱点かもしれない。今回も意味不明な仕様に悩みながら、あくまで本体の機能だけで計算データを作りました。SAVEは隣で使用中なので、HOUSE-省エネでやっています。

共同住宅の方は予想通りいろいろと指摘が上がった。まあ社内的にも共同住宅は初めてだったのでソフトのせいだけとはいえませんが。戸建て住宅は散々手計算で申請しているので言い訳はできない。HOUSE-省エネのキモは、入力前にどのような形状かを把握し、入力方法を頭でシミュレーションしてから入力を始めることです。行き当たりばったりでは行き詰まります(笑)。構造系ソフトを扱うのとは考え方が違います(当たり前です)。結果的に短時間で計算がまとまり、あとは窓の仕様が固まれば、それに置き換えて完成です。

ぶっちゃけ、計算書を作るだけなら手計算のほうが早いような気がする。特に複雑な形状が多い木造住宅の場合は。今までのように、HOUSE-省エネで検討して、最後に手計算で帳票を作る、ほうが効率的な気がします。まあ検算の意味を込めてしばらくは両方の手法で、ということです。

似たようなソフトを使うとその差異に苦しみます。せめてHOUSE-シリーズの操作の統一性は取って欲しい。私の場合、HOUSE-省エネで省エネ検討しながら、HOUSE-ST1で構造計算したり、他の耐震診断をHOUSE-DOCで同時に行っていたりなんて日常茶飯事ですからね。3Dの回転や操作が違うのは本当に辛いです。

と愚痴ってみました。さて、あと一枚構造図書いたら帰ろう。明日申請のようで何より・・・。

[`evernote` not found]
LINEで送る