ATOK2017

はい。導入しました。ATOK2017です。といってもPassport(月額制)なので、感動はありませんが。

それよりもユーザー辞書を見ると本当に汚い。導入を機にある程度きれいにしました。ATOKも素直に学ばないで欲しい・・・。

さて、ネタ不足に見えるATOKですが、本当に毎年バージョンアップするのは大変だと思います。その割に変換効率は良くなっていないわけで、使い続ける理由はそのカスタマイズとか、他の部分になります。

今回のバージョンアップの目玉は誤変換を30%減らすというディープラーニングの採用だそうです。変換効率が良くなることは非常に良いことなので、どのような手法であれ歓迎です。

個人的には、日本語OFFの状態で入力しても直後ならShift+変換キーで変換出来る状態に戻せるインプットアシストが便利ですね。画面上で指摘してくれるので助かります。もっともすべてで指摘するわけではなく、ATOKがそう感じたとき・・・ということのようです。

クラウドで同期できるので、違うパソコンでも同様に辞書を使えるのがいいです。私の場合建築関連の膨大な辞書がありますからね。これがなくなったら・・・と思うとゾッとします。パソコンが不慮の事故で壊れても安心です。これを考えると手放せませんね。

正直、ウィンドウズ標準のIMEもそれほど馬鹿ではないので、通常はそれで十分だと思います。ただ長文を打つには必要ですね。日本語変換だけでなく、いろいろな機能がついています。定型文書やお気に入り文書を登録しておいて・・・というのも便利ですし、ナントカを頭につけて入力する、たとえば、ナントカヒルズ、などと打ち込むと六本木とか、表参道など出てくるので、ど忘れした場合など助かりますね。カスタマイズも自由度が高いので癖がある人でも安心です。

[`evernote` not found]
LINEで送る