ポメラDM200に見る次世代機への要望

【特別企画】キングジム「ポメラDM200」の進化の秘密に迫る(PC-Watch)

上記を読んで想像以上に開発が大変だったことが伺えます。久々のポメラと言うことで買った方、購入を検討した方も多かったと思います。以外と文章を打つだけのマシーンって人によって好みや要望が異なり、設計が難しいと思います。特にそんなにパイも大きくないわけなので開発費も限られると思います。そんななか、DM100で誰もが不満に思った変換に手を入れてきたキングジムに拍手です。

しかしながら不満も残ります。この手の端末のご先祖様である、モバイルギアやオアシスポケット、果てはVAIO Pなどどれも商売的に成功して大ベストセラーにはならなかったです。やはりパイが狭いのです。なので続けていくには他の用途を融合させる>大きくなって不便になる、の構図を打ち破る必要があるのです。

個人的に今回のポメラDM200はかなり良い点をついていましたが、結局パナソニックのLet’s note RZにしました。RZはWindowsパソコンでありながら、キーボードはギリギリ及第点。速度、バッテリーも及第点、大きさは十分小さいある意味妥協の産物です。ATOKや文章校正ソフトが欲しいという点、いざとなったら仕事が出来る点、ネットに接続できる点など美点も多いです。小型である程度薄いというのはいろいろなところで使え、ポメラ同様の機動性があるのです。ただできればポケットに入れたいので、VAIP Pみたいな横長のWindows機が欲しいところです。ポータブックのような変体機を作るなら、VAIOを真似た形にしてくれたほうがよっぽど良かったと思うのですが・・・。

たぶんポメラに簡易でもいいからブラウザがついてたら買ったと思います。やはり手軽にブログを更新できる機能が欲しいです。またはスマホでキーボードを打つときに何か優れた決定打があれば・・・です。置きやすくなるとか、固定が簡単にできればいいのですが。その面では画面を左右どちらかにふって、置けるスペースを作ってくれれば十分です。ブラウザをつけると確かに編集作業は落ちますし、ブログを書くときも結局写真など載せたいですから、やはりスマホとの連携を更に深めることのほうがいいと思います。

DM300を開発するなら、そんな要望を持っている人もいるんだな~と感じてくれればうれしいです。

[`evernote` not found]
LINEで送る