北沢浮遊選鉱場跡

佐渡は名所がたくさんありますが、最近の話題は北沢浮遊選鉱場跡です。佐渡金山の関連施設でコンクリート部分のみが残っています。全天空カメラで撮影すると四周に迫力ある遺跡のように存在していることがわかります。戦前の建設でありながら昭和27年にも閉鎖されているうえ、非常に神秘的な景観から廃墟や遺跡のようにみえ、近年再注目されています。 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

お休みが取れたので10月29、30日で佐渡島に行ってきました。いつもと異なり若干観光時間も取れたので、話題の北沢浮遊選鉱場跡に行ってきました。佐渡金山の関連施設で、遺跡マニアや廃墟マニアの間で話題になっています。昨年の世界遺産へ・・・のときにもクローズアップされ、最近はテレビでの露出も増えてご存じの方もいるかもしれません。

p1060878-small

北沢浮遊選鉱場跡

広い佐渡島でも北のほうの相川地区に位置し、金山からそれほど離れていません。関連施設ですからね。ただ巨大な施設なので上記の全天空カメラで撮影した写真で見てもわかるとおり、非常に広く迫力があり、日本離れしています。そのためラピュタやら、マチュピチュやら、いろいろ喩えられています。あくまで戦前の工場なのですが上屋が取り払われていてコンクリート部分だけが残り、蔦が絡まっているため、古代文明などのように見えてしまいます。

直径50mのシックナー

 

火力発電所

佐渡金山自体も非常に魅力的な観光スポットでしたが、近年更に整備されて見学しやすくなりました。オリジナル商品も増えていますし。そして周辺にもこの北沢浮遊選鉱場跡のような魅力的なスポットも数多く点在していて一日いても飽きません。佐渡って遠いな~と思っている方も是非是非見に行ってみてください!!

[`evernote` not found]
LINEで送る