今更ながらChromebookの良さを考える

ポメラの新機種が出たが、どうも興味がでない。文章作成だけができる小型軽量マシンがほしい!!というのは私のような人間には悲願です。モバイルギア型が理想です。その点では、DM100はかなり理想に近いです。ただATOKが馬鹿すぎるだけですが(汗)。その点DM200は完成度は高まりましたが重くなりました。実際使ってみないとわかりませんが、これだったら小さめのノートパソコン・・・と考えてしまうでしょうね。でも価格的に高い。

そこでChromebook。まず安価です。バッテリーももちます。昨年からAndroidのアプリが動くようになったので、機種にもよりますがOfficeも動きます。アプリもかなり増えました。ネット環境を常に持ち歩く人ならネット上にデータを置いておくというのは他のメインのパソコンを使っている人なら連携に苦労しないはず。

それならどの機種が?と思うと、ASUSのChromebook flipが最適かな~と思います(国内入手できるモデル)。このモデルはB5サイズと比較的小型で10.1インチという実用最小のディスプレイを搭載しています。重量は若干重く890gですが、バッテリーも保ちますし価格も4万円以内なのでテキスト入力、OFFICE用途にはいいかな~と思います。

Wifi環境なら、GMOのデスクトップクラウドや、Windows標準のリモートデスクトップなどで補うというのも手ですが、そこまでやるなら素直にWindowsノートパソコンを買った方が幸せでしょう。

Chromebookの良さは、動作のキビキビさと起動の素早さです。重い作業は向きませんね。

 

 

[`evernote` not found]
LINEで送る