平成28年二級建築士学科試験合格発表

はい。夏も終わりに近づき、今年も二級建築士学科試験の合格発表がありました。

2万人をなんとか超えた実受験者に対し合格者は8488人。おめでとうございます!!合格率は42.3%です。近年まれな合格率です。

しかしながら平成10年には受験者数が5万人を超えていたという事実を思い出したくないです・・・。

二級建築士は、学歴のみで受験している人は今年も70%。つまり大部分の人が建築系大学や専門学校を卒業して(もしくは在学中に受験資格を得て)受験しています。

学歴+実務はたった11.5%しかいません。二級の場合、建築士法第15号第二号が該当し、建築系工業高校(指定科目修了)卒業後3年以上で受験資格を得られますが、このルートが意外と少ないのです。

そして実務のみは18%。実務経験のみで二級建築士学科試験を受けるには7年間の実務経験が必要です。これは非常に難題ですが、これくらい修行してから受験しても罰が当たらないと思います。この18%はすごいと思います。

年齢構成では若年者が有利な傾向にあり、24歳以下が46.9%を占め、20代で65.2%と過半数以上を占めます。それでも受験に不利な40代以上が13.1%もいます。こちらもすごいと思います。

もちろん専門的教育を受けた方が建築士になるべきだと思います。医師などは経験だけで受験はできないはずですからね。でもこのような柔軟な制度があるし、建築士といっても様々なお仕事があるわけで、そrを利用しない手はありません。また資格上はどの経歴であっても同一に扱われるので、出身や経歴を考えて夢をあきらめる必要もありません。1級も2級も受験者数は一時期にくらべ激減しているわけですから、これからはチャンスかもしれません。

 

[`evernote` not found]
LINEで送る