HOUSE-DOC Ver4ファーストインプレッション

HOUSE-DOC Ver4がリリースされましたので、早速購入して使ってみました。

私はHOUSE-DOC Ver1からのユーザーであり、いままで全バージョンを使ってきました。他にも安心精密診断もすべて使ってきました。他にもいろいろ・・・(爆)。

たぶん日本でも有数の耐震診断ソフト利用数だと思うのですが(自慢にならない汗)、その中でもHOUSE-DOCが一番のお気に入り。

なにせ非常に軽快に素早く入力・解析ができるわけですから。他社のユーザーフレンドリーな機能を満載のソフトや、技術者向けのソフトとはまったく入力・解析時間が違います。

一方、バージョンアップするごとに、ほとんど機能アップしないで、他社のソフトにかなり引き離されているのも事実。バージョン4も耐震診断機能にはまったく切り込みがありませんでした。

オプションも増えません。大丈夫なんですかね???

今回のバージョンアップの目玉は

・調査シート読み取り

・補強壁位置分析

です。はっきりいってあまりよくありません。人によっては使うかな~程度でしょうね。何しろ説明(ヘルプ)がわかりにくい。これでは使いこなす前にあきらめてしまいます。詳細は他の人が使ってみてからレビューします。少なくとも自分は絶対に使いません。

その点3DCADファイル出力はDRA-CADなど持っている人は3Dで補強案を簡単に加筆できるので便利でしょう。そこまでするならDRA-CADの3D画面でメモや部品を貼り付けられる簡易CADを搭載したほうがよっぽどいいのに・・・と思います。文字や金物くらいでいいわけですからねえ。

軸編集機能は便利。HOUSE-DOCはグリッドにしか配置できない欠点があり、特に長い斜め壁など入力が面倒だし美しくなかったです。その点使えるシーンは限られますが直線にしてくるのできれいです。

メーカーから言えば、建防協評価取り直しなので、とりあえずバージョンアップしました的なのが本音なのではないでしょうか??年会費がないのが魅力なのに、こんなバージョン発売されるくらいなら年会費制にしてもらったほうが納得いくな~と思います。というのは、Ver3の履歴がVer4に引き継がれなかったり、意外とちぐはぐです。データ自体には問題ないのにねえ。

ちぐはぐといえば、Ver3とVer4は同時起動できます(現時点)。意外と便利です。いつまで使えるのでしょうか??ただもし構造システムのソフトをHOUSE-DOCVer3とVer4とN値オプションを持っていたとしたら認証のチェックは4つも必要です。探すの面倒ですし、クリックも間違えます。せめてN値オプションは同じシリアルでいってほしかったな~と思います。ただ何度もいいますが、同時起動は本当に便利です。デュアルディスプレイでは特に。ただアイコンくらいは新バージョンなんだから代えてほしい。一応立体的になったのですが、老眼気味の私にはわかりにくいです。

評価書の表示も印刷画面で同時に印刷できる機能くらいつけてくれてもいいのに、未だヘルプのタブの中にあります。屋根機能も未だ使いにくいままです。まあ両方とも診断には関係ないのですが。

とはいえ、基本機能が優れているHOUSE-DOCの特性が悪くなるわけではありません。私は使い続けます。機能が足りない部分は補えばいいだけです。少なくともこれから新規に耐震診断ソフトを買いたい人には非常におすすめです。落ちることも少ないですし動作も軽快。使っている人も多いです。残念なのはバージョンアップ組だけです。今回の目玉機能はアップデートで良くなることを祈ります。

[`evernote` not found]
LINEで送る