今年の一級建築士の製図課題は「子ども・子育て支援センター」

今週末は一級建築士の学科試験。暑い中大変だと思いますが力を出し切って悔いのない受験をしてもらいたいものです。私の事務所も受験者が一名います。本当に頑張っています。彼の実力なら大丈夫だと思います。落ち着いて合格してください!!

今年も一級建築士受験のまとめを作ります。主には来週の学科試験結果からとなります。

一級建築士試験2016

製図課題は、子ども・子育て支援センターと、現在のトレンドのものです。こういう課題は受かったあとでも役に立ちますね。道の駅なんかは・・・(以下略)。支援センターの設計に関わることは少なくても子ども関連の施設を設計することはありますし、住宅などでも生かせることもありますね。

面白いのがパッシブデザインを積極的に取り入れるという点。積極的というのが図面に反映されるのか?そこが最大の焦点でしょう。

基礎は杭基礎がでるか?という感じですね。断面図に入れさせるのでしょうか?

天井落下防止も東日本大震災以降トレンドとなっています。図面に書けないでしょうから、文章題でしょうね。

眺めてみると、比較的平易で日頃の実力が出そうな製図課題ですね。サプライズがないぶん、山を張りにくく、地道な実力アップが不可欠な課題でしょう。非常に面白そうですね。

[`evernote` not found]
LINEで送る