木造住宅用のねじの「耐ゆるみ性能」

木造住宅のねじのゆるみは、非常に大きな問題でした。せっかく金物で固めてもねじが緩んでは元も子もないでしたから。

なので心ある設計者や施工者は羽子板ボルトなどで緩みにくいものを使ったりしていましたが、全体に波及しているとはいえません。

そこで(公財)日本住宅・木材技術センターでは、金物の「強度性能」「防せい防食性能」に加えて新たにねじの「耐ゆるみ性能」を認定することになりました。

耐ゆるみ性能は、ねじが戻り回転してゆるむのを防止する性能に限ります。また別に定める耐ゆるみ性能を有していることなどが認定の条件です。

マークは何になるのかな~と思っていたらSマークなんですね。認定の有効期間は3年で3年ごとに更新のための審査・・・・らしいです。

詳しくは住木センターのHPにて

これを機により一層考えていきたいですね。

[`evernote` not found]
LINEで送る