進化のないLAVIE Tab Wに失望

出続けてくれているのでそれだけでもいいのですが、Lavie Xのようにはならないでほしいものです。

さてさて、NECがデジタイザを使える安価なタブレットLavie Tab Wの新製品を発売します。前モデルは非常にバランスの良い優良モデルでしたが、販売的には??でした。なのでテコ入れしてくるのかな??と思ったのですが、CPUの強化だけにとどまりました。

本体が597gと比較的軽量で、キーボードは重いとはいえ(550g)非常にしっかりしている当シリーズは、デジタイザも使える安価なWindowsタブレットとしてもっと注目されてよいはずです。バッテリーも異常に持ちますし、Office MobileプラスOffice 365も使えます。カメラだって両面あります。メモリだって4GBあるので意外と使えます。

もっとも個人的に買わない理由は64GBしかないストレージ(eMMC)。さすがにこれではね。iPadなどと違ってOS領域が大きいわけですし価格が高くてもストレージが大きいタイプの需要はあるはずです。もっともそうすると上位機種が売れなくなる・・・ということでしょうかねえ。上位機種にデジタイザが使えないわけですから、やはりここは工夫してほしいところです。

確かにこの価格出す!ならSurface3に行きそうだし、iPad Pro 9.7もいい感じです。個人的にはiPad Pro 9.7をXperia Z3 Tablet Compactの後継として購入しようか?と考えています。理由はノートパソコンのタブレットタイプがあまりにも性能が低く価格が高いからです。そうなるときっちりしたノートパソコンときっちりしたタブレットを持ったほうがいいと感じるのです。Xperiaは高いだけあって現在も非常に満足しています。ある程度良いものを使っていったほうがビジネスではいいようです。その点、LAVIE Tab WやSurface 3などは若干立ち位置が不安定な気がします(それがまた魅力なんですけどね)。ビューアとしてみたら高性能なAndroid タブレットやiPadのほうが優秀だし時短になりそうです。

[`evernote` not found]
LINEで送る