MEGASTAR CLASS

あのホームスターを開発した大平技研のプロ向けのプラネタリウムシリーズのMEGASTAR。そのパーソナルユース向けの超小型プラネタリウム「MEGASTAR CLASS」が発表され予約も開始されました。

直径190mm高さ240mmという驚異的なコンパクトボディーで高性能!というのだから恐れ入ります。

ハンディコントローラーだけでなく、Bluetoothでスマートフォンやタブレットによる操作も可能なようです。商業用プラネタリウムでは必須の環境照明機能も夕暮れ、朝焼け、青空まで様々なシーンをフルカラーで調光再現してくれるそうです。直径7mドームまで投影可能な性能も驚きです。もちろん投影構成数も凄まじく約100万個以上だそうです。

果たして商業用プラネタリウムのように番組提供があるのか?とかは不明です。ただスマートフォン等で星空案内機能、とあるのである程度のカスタマイズは可能なのかもしれません。教育用では常識の太陽や月、惑星の投影機能に関しても特に明記されていません。価格は130万円!とこちらもプラネタリウムとしては安価だが個人としては高価な部類に入ります。また新宿伊勢丹本店スペシャルエディションなるものも用意されているとか。

最近あまりプラネタリウムのネタが多くなかったので、非常に注目されると思います。

 

[`evernote` not found]
LINEで送る