無料でできる構造屋さん2016年

徐々に、なまあずソリューションのページの復元が続いています。ただ全記事移植は難しそうです。その時間があれば新しい記事を書いた方が早いからです。

さて、過去の記事を更新しなおして、「無料でできる構造屋さん2016年」の記事を掲載しました。

パソコンやプリンターやネット環境があるのが前提で、ソフトウェアのみで・・・という昔どこにでもあったような記事です。しかし近年フリーソフトが減少したうえ、構造屋さんを取り巻く環境も変わってきたのでこの手の話題も減りました。なので・・・2016年1月段階で書き直してみました。ストラクチャーさんが、二次部材計算の「建築構造ツールボックス」を公開してくれたので、代表的な二次部材アプリが加わり、とりあえず構成できるようになりました。以前はオフィスもOpenOffice系でしたが、現時点ではLibreOfficeを代表例として入れておきます。作図系はWindows10でとりあえず動いたので、配筋DRAFTを追加しました。

趣旨としては、無料で構造屋さんを始めよう♪ということではなく、初期投資が多い中、自分の主力分野以外はできるだけ節約したい!という場合に活用を、という点です。人に予算も主力業務も違います。構造屋さんになる人のスキルもバラバラです。ここでは代表的と思われるものを紹介していますが、他にもあります。今後、徐々に内容を拡充していこうと思います。

[`evernote` not found]
LINEで送る