SNAP Ver7の木造部分の新機能

SNAP Ver7がいよいよ11月中旬に発売となります。まあ高価なソフトなので無縁ですけど(汗)。今回は64ビット化、マルチコアCPU対応と、同社のソフトではあまり評判が良くない改良ではありますが、SNAPのようなソフトではやはり期待が大きいです。速度アップも果たしている(これも・・・)ようなのでうれしいですね。

さて、木造がらみの新機能も地味に搭載されています。FAP-3での変更を踏まえて追加されているのだと思います。まず解析モデル/荷重の自動生成機能です。製材や集成材の梁・柱・トラスを対象とし、断面寸法と材料を入力することにより、剛性と荷重を自動生成できるようになりました。地味ですが手間が省けますね。次に接合バネの非線形化です。梁柱部材の接合バネの剛性変化を考慮できるようになりました。母材と剛性が異なる金物の非線形性状を考慮した解析が手軽にできるようになるそうです。

大型木造が勝手に盛り上がっていますが、小型木造がまともにできない人たちが大型大型と騒いでいるような気もします。そんなに大型案件があるのか?という疑問も残ります。ただ時代は木造に追い風が吹いているようなので、SNAPで武装してみるのも悪く無いかもしれません。

任意形状立体フレームの弾塑性解析プログラムSNAP Ver6

任意形状立体フレームの弾塑性解析プログラムSNAP Ver6
価格:3,486,240円(税込、送料込)

うん。高すぎる!!

[`evernote` not found]
LINEで送る