カスタムスナップはやはり複数なくっちゃ!

はい。i-ARMのお話しです。i-ARMの評価版でカスタムスナップが2つ使えるようになりました。DRA-CADで便利で定評のあるカスタムスナップですが、個人的に2つ欲しいなと思っていました。いちいち各ピックを切り替えるのが面倒なので、両方によく使う設定を作っておいておきたいと思っていました。そしたら何とi-ARMがあっさり実現してくれました(感動)。私の場合、初期段階ではグリッドや通り芯に合わせて計画していくので、どうしても交点とグリッドを切り替えていきたいのです。2つ持てるようになったので、この作業が簡単に切り替わります。画面上に常にカスタムスナップの切り替えアイコンは表示されるので、素早く変更できます。

こうなると、通り芯へグリッドできる機能ができると更に便利ですね。不整形な建物ほど、通り芯へスナップしたくなるので、HOUSE-DOCのように手軽に通り芯を作れ(移動も簡単に)、そこにスナップできる機能の搭載が望まれます。

[`evernote` not found]
LINEで送る