BUS-5のアップデートとST-Bridgeの対応

構造計算ソフトBUS-5のアップデートが行われました。当然K-DBも一緒にアップデートが必要です。

目玉は、構造システムグループがこれからの展望で明らかにしているBIM対応化の一貫といて、ST-Bridgeに対応したことです。これでBIMソフトなどとの連携が図りやすくなると思われます。SIRCADが手元にあるので試したかったのですが・・・

構造システムの代理店のくせにBUS-5を持っていません(涙)

なので、DOC-SとDOC-RCで試してみたのですが、メニューは出たのですが、灰色になって選択不可です(当たり前か)。せっかくゴールデンウィークに遊びたかったのに!仕方ない・・・。

BIMソフトを持っている人でBUSユーザーはぜひゴールデンウィークに遊んでくださいね!!

[`evernote` not found]
LINEで送る