3Dマイホームデザイナー12

2月に発売された、3Dマイホームデザイナー12。事実上ライバルがいなくなったが、フリーなどでも間取り作成ソフトなどがあるので高機能化しすぎている気がしないでもないですが、順調にパワーアップしていますね。そしてなぜかLSシリーズという名前を放棄して通算に戻しましたね・・・。

一番良いのは、住宅パーツがパレットに勢揃いしていること。今まではダウンロードするために、ログインして探さなければなりませんでした。探す手間が減ります。

あと、なぜ必要だったか?不明な立体化後の一周回ってみせるアレ。今度は、家が地面からニョキニョキ生えたり、飛び回ったり、更に意味不明な動きを加えることができるようになりました。ホームページにデモがありますが、衝撃(笑撃?)です。複数ファイルの同時起動もついに実現。オリジナル家具や作り付け家具が作りやすくなりました。

家を建てる前に、この手のソフトでシミュレーションするお客様が増えていますが、考えをまとめる上では重要だと思っております。必ずしもその通りに作れるわけではありませんが、いろいろと悩んでアイデアを出し合ってプランを練ることは、その後の打合せでも必ず生きてきます。このような高機能なソフトが1万円程度で買えるわけですから良い時代ですね。今度はタブレットで簡単に作れるものがあればいいな。

[`evernote` not found]
LINEで送る