木造の構造設計と意匠設計を同時にやる功罪

いま、できるだけローコストで狭小住宅を、という急な依頼がありましたので、久々に意匠・構造同時設計をしています。同時に1人でプランをすると、構造設計と意匠設計を同時に行えるので、部材の節約などを考えて作れるので意外にローコストにつながるのかもしれません。以前からローコストになり梁成をおさえるプランを考えていたので、そのときの手法が役に立っています。梁せいを押さえても大してローコストにならないのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし少しずつの積み重ねが大事です。そして梁せいを押さえられると各階の天井高確保のための軒高を抑えることができます。これは意外に有効です。軒高が低くてもある程度の天井高を確保できれば快適ですからね。やる意味は大きくあります。また配管なども考えながら梁配置を行えるので効率的に設計できるのです。

いいことだらけのように感じますが、やはり欠点も多数です。私見を述べれば、この手法が通用するのは狭小住宅や小規模な2階建てまで。案外人間の頭ってそう簡単に平行作業はできないものです。つまり構造寄りの頭でやると意匠が疎かになります。また構造に縛られると、良いアイデアが浮かびにくかったり、自由度に制約がでたり・・・。

意匠や構造、と考えずに、住宅づくりは複数の人で一緒に考えた方が良いですね。どうしても煮詰まりますからね1人では。そのため本舗では1人で設計を行うことはマレです。

[`evernote` not found]
LINEで送る