暗記ドリルメーカー

この数年、資格試験の勉強方法は非常に変化しました。まずフリクションボールペンの普及でテキスト書き込みやど劇的に便利になりました。失敗しても消せますし。某資格専門学校でも窓口で販売していますね。チェックシートとチェックペンが出たときも革命的でしたが、それにつぐ変化だと思います。もっとも最近はチェックペンではなく、水性顔料インクの太めなペンで消せないけどキレイにマーキングする、というテクニックも流行っているようです。

そして、そういった紙媒体から、タブレットやスマートフォンのアプリへ、戦場が移ってきました。テキストを持ち歩く手間が省けますから。

今回紹介する「暗記ドリルメーカー」は、しろなまず一押しのAndroidアプリです。資格勉強をしている人に勧めています。画面上でチェックペンを敷いて、チェックできるソフトは数多くあるのですが、これは使いやすいです。まずスマートフォンのカメラでテキストを撮影し、覚えたい単語にマーカーします。マーカーの引き方が他のソフトに比べて便利で画面が小さいスマートフォンでもなんとか使えます。まあ引くだけだったら画面拡大して引けばいいので、事実上どのスマートフォンでも大丈夫です。効率は落ちますが。私が試した中では、Nexus7が一番しっくりきました。Galaxy Note2が限界かな??小さなXperia VLでは、私は無理でした。指でも操作できますが、汎用のタッチペンがあると便利です。私はワコムのBumboo Stylusを愛用しています。Nexus7とは相性もばっちりです。ちなみにこのアプリ、敏感なので先端が透明な円盤になっているタイプは向かないようです。

次の特徴は、PDF読み込み、書き込みに対応していること(別途無料プラグインを導入で)。これでテキストなどをスキャンしてPDFで持っている人は手軽に使う事ができますね。PDFのページに赤線を入れ、次のページへ・・・とスムーズな作業が実現できます。

暗記は、各赤線をタッチすれば隠した文字が見えるようになります。秀逸なのは、その時点でわかったもの(○)とわからなかったもの(×)を選別できること。これでチェックしやすくなりますね。わからなかったものだけ後でやり直すというのもクレバーな方法です。線種・線色も揃っており、高度な使い方もできますが、シンプルに使えばいいと思います。

最も高速なGalaxy Note2やNexus7(2013)でも若干動作はもっさりしています。できるだけ速くて、画面が広いものを利用すると効率的です。ちなみに無料でも使えますが、有料になると広告が消えるほか、制限が消えます。本格的に使うには有料版を購入しましょう。

[`evernote` not found]
LINEで送る