DRA-CAD12(正式版)をインストールしました

はい。今日届きました。Preview版からネットでアップデートできればいいのに、わざわざメディアが届きました。まあお金取っているから・・・ということでしょうけど大変ですね。

さっそく64ビットをインストールしました。なぜかシリアルが必要です。Previewをインストールしているユーザーはソフトを立ち上げてヘルプ-バージョン情報で見ることが出来ます。

インストールで気をつけることはほぼありません。あっさり終了です。64ビット版をインストールしたあと、32ビット版Previewを起動すると、Previewの記述のままですが、加えられたコマンドはなぜか加えられています。この段階で、私の環境では64bit正式版のVersionは12.1.0.1、Preview版は,12.0.1.0と微妙に違います。また32ビット版でPreviewからアップする場合はシリアルを求められません(インストールしてあるからだと思います)。とりあえず最新版を信頼するならば、両方ともアップしておきましょう。ファイルの関連付けにはくれぐれも注意を!

ちなみに、12LEのPreviewもインストールしているのですが、12をアップデートしてもLEは直らないので注意が必要です。アップデートプログラムは別途必要なようです。もっともLE版の出荷は3月なので当たり前といえば当たり前。でも手間がかかる方法だな~。

というわけで、私のパソコンのDRA-CADは64ビットと32ビット、及びLEの32ビットが入っているという不思議な環境になりました。社員にどう説明しよう・・・。

[`evernote` not found]
LINEで送る