DRA-CADのGoogleEarthコンバーター

DRA-CADを使っていると悲しくなるほどたくさんの機能があることに気がつきます(決してうれしくはない)。GoogleEarthコンバーターももう少し詰めればかなり良い感じになると思えるのですが。

DRA-CADで作った3次元モデルをGoogle Earthに置けるというシンプルかつ面白い機能です。緯度経度を指定し置くだけ!という手軽な機能ですが、なかなか置くのが難しいです。その前にDRA-CADの3次元を使っているユーザーがどれだけいるか??のうほうが問題なのですが(汗)。

ssfd

とりあえず簡単な実例。府中市だと建物がボックス上ですが、調布より東側だとかなりリアルになります。

fd

実際に置いてみると気がつくことがあります。今回は、本舗の立体構造図の試作品の軸組事例ですが、もちろん意匠パースのほうが面白いのはいうまでもありません。

私もまだDRA-CADを使いこなしているわけではありません。気に入った機能を探すために、日々機能のテストを繰り返しています。作り込みが甘い機能もありますが、自分が好きなものを選んで使えばいいだけですし、カスタマイズも充実しているので自分なりのCADへ育てていくことも可能です。

なまあずショップ楽天市場店でのDRA-CADの販売はこちら

DRA-CAD12(キャンペーン)
6月30日まで、キャンペーンで通常価格より1割ほどお買い得になっています。4月からは消費税が上がるため実売価格が上がってしまいます。3月中のご購入がお得です♪なまあずショップなら、送料無料で、JWWユーザーからの乗り換え用に、なまあずショップオリジナルの「JWWからDRA-CAD12移行ガイド(PDF版)」をプレゼント中♪

[`evernote` not found]
LINEで送る