DRA-CADの3DとBIMの決定的違い

3次元CADの延長がBIMだと思っている人(=私)は案外多いのです。しかし概念がかなり違います。似ているのは確かなのですが。VectorWorksやArchiCADのように3DCADからBIM化しているソフトもあるわけですから。そして同じBIMであっても、ソフトによって解釈や機能性は異なるわけで、何がいいか?一概にいえないのも事実です。それぞれの業種、仕事に合わせて選択するという当たり前の作業がでてきます。

さて、DRA-CADの3Dをしばらく触っていて感じたことを書きます。この場合のBIMはGloobeであり、一部ArchiCADとの比較になります。最初に書いておきますが、優劣を書くつもりはありません。ただどちらが新しい概念かはいうまでもありません。

まず根本的な入力です。角度が固定されて変更が面倒なDRA-CADに対し、拡大縮小回転が自由なBIMとは圧倒的に違います。ただ固定されているからこそ、編集がしやすい場面もあります。もっとも上記BIMは3Dでの編集性は圧倒的に高いわけで、この部分だけ考えるとDRA-CADは非常に不利です。一昔前以前の問題です。

3Dオブジェクト(部材)を入力したら、それがそのまま躯体線になり仕上げも自動的に図面に反映され、プロパティ操作で自由に編集できるBIMに対し、DRA-CADは2Dと3Dは明確に分かれています。そのためコマンドも異なります。これはこれでわかりやすいのですが、意外に制限が多いのも事実です。おそらくDRA-CADは2Dで図面を作図し、その作図図面を参照して3Dパースを描くという思想で作られています。そのため3D図面上に寸法線を入れられるようになりましたが、レンダリングすると表示できません。線も制限があります。オーバーレイで2D図面を読み込み、その上に立体を描いていく!という方法など便利な面がたくさんあるのも事実ですが、両者を同一と捉えて一回で描ける(まあこの部分がBIMの問題点であるのも事実ですが)BIMの直感性に比べると大幅に手間がかかると思えてしまうのも事実です。BIMですべての施工図までが描けるようになれば、DRA-CADのようなCADは必要なくなりますが、現状その状況にはまだまだ遠い(少なくとも住宅など複雑なものは)現状にあっては、DRA-CAD的手法も決して効率が悪いとは言えません。DRA-CADには2Dを3Dに、3Dを2Dに変換する機能も備わっています。3Dで描いたモデルを下図に・・・ということも可能なのです。案外、この部分がリフォームなど小さな図面では有効かな?と思います。

こうやって考えるとDRA-CADの古さが目立ってしまいます。しかもDRA-CADはLEという2次元を主体に使っている人が圧倒的に多く、3次元版を持っていても2次元しか使っていないという人が多いのも現状です。だからBIMと比較すること自体が間違いなのかもしれません。ただ新たにBIMを買うのなら、3D版に上げてみて、まずは使ってみて考える・・・というのも悪く無いかな、と思います。

実は、最近のDRA-CADは、レイヤ毎に線の色を自動的に変えたり、レイヤグループの管理も楽になっています。部材に材質を指定することもできます。若干方向性は不明ですが小さな住宅などでは、BIM的に使うこともある程度はできます。何を持ってBIM的かは人によって違うと思いますが、ビルなどのBIM化に比べ、住宅(特に木造)はBIM化に向きません。福井コンピュータはGLOOBEというBIMを出していますが、木造住宅向けではありません。GLOOBEを木造向きに付け加えた機能はありますが、根本的にそちらにシフトしているとは思えません。一方木造用のCADであるARCHITRENDは来年大幅に改訂され新シリーズ化されるようです(詳しくは知りません)。なのでGLOOBEと早期に統合ということはなさそうです。ARCHICADは木造を設計しているユーザーがそれなりに多いです。設計の自由度から考えると現在木造では一番BIM化に向いているソフトだと思います。価格も比較的低価格のSoloもあり導入には向いていると思います。ただやっぱり木造ならでは、の部分は難しそうです。まあどんなツールであれ、図面を作図するだけであれば大差ないと思うのですが、それ以上の活用となると思案のしどころですね。

 

[`evernote` not found]
LINEで送る