花子2014

一太郎やATOKにばかり注目が行くジャストシステムですが、Shurikenも含め良いソフトが揃っています。花子もその1つ。特に教材を作ったりするのには向いている機能を満載しています。明らかにillustratorには敵いませんが、用途によっては素早く簡単に作れるし、価格もillustratorに比べて安いのでお勧めです。建築関連で考えればDXFの読み書きにも対応しているので重宝しますね。もっともDRA-CADへの書き出しはあまり相性が良くなく、曲線などはDRA-CADで旨く読み込めない場合があります。逆に写真入りのDRA-CAD平面図なんかは普通に花子に読み込めたりします(もちろんDXF変換後ですが)。CADの表現力は高いのですが、各種ツール類は花子のほうが充実しているので、使い分けすると効率がアップしますね。

花子で私の一押しは、地図機能。地図が簡単に書けます。鉄道などのあの面倒な線も簡単にフリーで書けます。しかも画面を透過できるので、ブラウザでGoogleのマップを表示して、それを透過してなぞって書くことが出来るので便利です。タブレットでスタイラスを使うとトレースが楽かもしれません。一部機能がタブレットに対応した2014。今後の展開が楽しみです。

イラストもたくさんあります。ちなみにちょっとした間取り図用のイラストや部材も豊富なので単独でも製図できちゃったりします。なんと製図というタブまであります。補助線も使えますし、寸法線も使えます。寸法値の自動変更までありますので・・・。建築との親和性はかなり高いです。illustratorと違って実現したい機能に近い機能を搭載しているのが特徴で初心者にやさしいのが特徴です。

image099

DRA-CADのサンプルファイルをDXFに変換し、花子で読み込んだところ。遠目にはDRA-CADと遜色はないので勘違いするほど!この状態で編集も出来ます!

構造屋さんからすれば、難しい数式を簡単に書けるメリットがあります。関数グラフも作れます。構造計算の清書などには適します。カルキングと異なり計算はできません。でも価格が安いし良い感じです。

image100

数式を登録出来ます!この機能は本当に便利!構造力学の教材を作るときも重宝します。もっとも一太郎でも使えますが(爆)。

このような多機能なソフトが一太郎のプレミアム版(ATOKやShurikenもついている!)のダウンロードは、2万2千円ほどで買えます。花子だけでいいなら8190円でダウンロードできます。どちらが得かは使い方次第!!

花子は忘れ去られたソフトではありますが、ジャストシステムはまだ見捨てていません。ユーザーがこの貴重な国産グラフィックソフトを愛用し更に育てていけば、後生に良いソフトを伝承することができます。ぜひぜひ使ってみてください♪

[`evernote` not found]
LINEで送る