便利なATOK2014

近年のATOKのバージョンアップの中でも新機能という意味ではATOK2014は、非常に良い部類に該当するのではないでしょうか?便利だったし先提供でも満足感が高かった2013はその代わり速度が落ちました(あくまで私の環境)。しかしATOK2014は速度は落ちず(逆に上がった??)新機能は良い感じに仕上がっています。アクセルモードのおかげかもしれませんが、変換作業で引っかかることは希です。日本語OFFの状態から・・・というのは画期的です。CTRL+Backspaceで日本語OFFの状態で入力したローマ字を日本語に変換できる機能のことです。ちなみにshironamazuは「shいろなまず」になってしまいますし、FirefoxでWORDPRESSの記事を書いているとき(今)機能しないなど、まだまだ完成品とはいえない機能のようですがこれから徐々に改善していただければと思います。ちなみにCTRL+Backspaceは確定後入力中に戻すショートカットなので、同じ物が使えるのでお馴染みですね。ATOKで変換していると用語の意味を調べやすいというメリットもありますが、面倒なカタカナ語の変換候補に日本語がついてくれるのも良い感じです。このような推測はいろいろな場面で使え、コンプライアンスは法令遵守と変換されますし、オートクチュールはhaute coutureと変換されます。一方、長期優良リフォームでよく使うインスペクションは、英語inspectionにはなるけど意味が出てきません。この辺も今後改善されてくると思います。毎年、文章を書き続けたいと思える一因にATOKの進化があるのは間違いありません。一方、ATOK入りの一太郎を買わなくなってしまう危惧も残ります(Passportユーザーですから・・・)。

さて、その一太郎ですが、買うかどうかまだ迷っています(爆)。スーパープレミアムに付属する赤い(3倍・・・)マウス型スキャナが欲しいです。ちなみに毎年付録は秀逸で、ドラゴンスピーチがついていた年もありましたし、スティック型ハンディスキャナーがついていた年もありました。今年も流行のものを付けてきましたね。ただ「一太郎」と書いてあるのはどうかと・・・。

スーパープレミアムは上記の理由で高いのですが、プレミアムにも面白いものが付いています。まずメールソフトとShuriken2014。地味に新製品です!Shurikenユーザーには嬉しい限り。メール一覧の複数行表示・・・欲しかったっす!一太郎2014徹を利用して文章校正ができるので単体で買う気が失せます。文例呼び出し機能もようやく搭載。細かいところが直っていれば、2012からアップします♪

肝心の一太郎2014徹に若干の魅力薄の部分はありますが(それを書くか?) 、いつもながら迷わせてくれます>JUSTSYSTEM。

[`evernote` not found]
LINEで送る