住宅建築コーディネーター試験

建築士試験は、建築系学校を卒業しなければ長期の実務経験が必要です。ただ建築業界にトラバーユする人も手軽な資格があるといいな~と思っていました。基本的には福祉住環境コーディネーターが良いと思っています。建築関連の知識も問われ、非常に重要な福祉関連の知識も身につけることが出来るので、私の事務所でも第一段階として勧めています。他には勉強熱心であればインテリアコーディネーターも将来的には・・・と思っています。

しかしその二つともそれなりに難しく、特に何も考えず転職してきた人間には敷居が高いのも事実。特に福祉関連は難しい用語が多く、それだけで嫌だ!という人も多いのです。そこで探していたらありました「住宅建築コーディネーター」。

まあ、有名な資格でもないし、それほど有用とは思えません。しかしホームページにもあるように、「夢のマイホーム実現のために、専門的立場から住宅建築をコーディネートする」というのは大事なことです。感覚的には福祉住環境コーディネーターの個人住宅版と思えば良いのでしょうか??そしてこの資格はその流れを簡単に学習できる資格です。資金計画からローン選び、土地探し・・・と住宅を建てる過程を学ぶので、住宅に関わる仕事であれば、かなりの人が必要と思える知識です。ホームページには、住宅会社・工務店や不動産会社、設計事務所員、これから建築業界を目指す人向けとありますから、導入にはもってこいの資格だと思います。何しろ建築士ではあまり学ばない「住宅を建てるまで」を題材にしていますから。出題科目は

1:住宅建築コーディネーターの概要

2:住宅市場の背景

3:住宅建築の各プロセス

4:ライフプランニング

5:住宅ローン

6:土地探しと契約

7:住宅建築における注意事項

本舗でも新入社員に入社後受験を必須にしようと思っております。今年の試験は3月7月11月を3回あります。試験会場は大都市(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡)のみとちょっと寂しいです。3月の試験の申込み〆切はまだまだありますので、興味のある方は内容を確認のうえ受験してみてはいかがでしょうか?

[`evernote` not found]
LINEで送る