ファブレットは使いやすいか

ソニーのXPERIA Z Ultraが発売されたので店頭で見てみました・・・予想よりも大きいです。なにせ6.4インチありますからね画面が・・・スマートフォンというよりも7~8型のタブレットといったほうが良い迫力です。薄くて格好良いし持っていたら目立つだろうな~と思います。一応スマートフォンですが、最近話題のファブレットという分野の商品です。

今となってはかなり小さいiPhoneを尻目にスマートフォンの画面は巨大化しています。画面が大きければたくさんの情報が見やすいのはiPadを見ても明らか。でも持ち運びが・・・ということで日本ではiPad miniやNexus7のような7~8インチ系が結構売れています。だったら、スマートフォンとタブレット、一台にしちゃえ!とうのがファブレットなんでしょうね。

Nexus7やiPad miniは想像以上に扱いやすいです。これは電話機能を削り閲覧に特化しているからでしょう。10型だと目立つし持ちにくいですからね。それでも最近のiPadなどは健闘していると思います。しかしスマートフォンとタブレットを持つのはコスト面でも不利ですし、荷物も重くなります。ファブレットは多少大きくかさばるけど、一台で済む美点があります。充電が面倒とかいう人で多少大きくても・・・というならお勧めです。

しかし、スマートフォンは電話なのでいざというときにバッテリー切れは困ります。もちろん補助電源を持ち歩けばいいのですが。その点タブレットを別に持てばスマートフォンのバッテリーを節約することができますし、用途も分けることが出来ます。通信代が高いとはいえ、二代目以降は割引きされたりするので、思ったほど高くはなりません。タブレットを安価なSIMで運用するというのも手で、Nexus7などはLTEまで対応しているので非常に重宝します。

個人的には端末は複数持つ方が壊れたときなどのために良いと思っています。特にビジネスでは。必ず複数キャリアを契約するのもそのためです。まあほとんど使わないのですけど(爆)。もっとも情報端末を使いこなして仕事ができる気でいる人が意外に多いのですが、案外無駄な時間を消費しています。最近電車に乗ることが増えたのでそう感じます。

[`evernote` not found]
LINEで送る