スマートフォンの運用価格

高い高いといわれていますが、本当に高いですね。毎月の支払いが1万円を超えることが驚きでない人が増えています。iPhoneはまだ安いのですが、Android系は本当に高いです。しかしスマートフォンは便利なのも事実。できれば持ちたいし低価格で運用したいというのが人情というもの。

日本ではiPhoneが人気ですが、これも頷けます。通常の場合少しでも安く運用したいと思えばiPhoneになります。アプリも多いし使い勝手も良いしみんなも使っているし・・・普及した理由が頷けます。

それでも高い!と思う人は多いはず。基本料金、端末の分割金は安くても電話料金などがかかりますからね。それでも同じキャリア同士なら時間限定で無料になったりもするみたいですが、それ以外はやっぱり高いです。昔みたいに無料通話分がありませんからね・・・LTEは。

そこで無料電話アプリや、電話料が安くなるサービスを使って節約します。確かにスマートフォンはアプリや買い物・ゲームをしないかぎり、電話料金の負担がほとんどでしょうから。できるだけ基本料金外を節約することも重要です。

さて、横並びの大手三社(SB、DOCOMO、au)とは違い、低価格で勝負!の他社は面白いです。まずCMが強烈なイーモバイル。エリアが狭いとはいえ、携帯電話会社ですから。ソフトバンクとの関係からも面白いサービスが生まれてきています。ウィルコムとの合併も控え、今後のサービスがどうなるか若干不安ですが。月額3880円(本体込み)は安価ですね。他社通話をどうみるか?エリアは?によってお得感は変わりますが。

ウィルコムも安価です。こちらもソフトバンクとの関係で面白いサービスが増えていますがウィルコムらしさも減ってきています。通話が多い人は誰とでも定額があるので最強ですね。最近は普通のスマートフォンも増えてきましたし良い感じです。ただイーモバイルとの合併でどうなるか?が不安です。

通常選ぶなら上記五社でしょうけど、最近は、SIMフリー端末に安価なSIMを入れることが流行になりつつあります。データ通信メインの場合はかなり候補に入ってきます。通話も考えるならb-mobileの「スマホ電話SIM」。月額1560円で電話付きでネット通信も使えるサービスです。最も通信速度は200kbpsなのでメールや軽度の利用に限られると思います。SIMフリーの端末が余っていたり安価で購入できる場合は利用価値が高いです。通話料は20円/30秒なので、楽天でんわなどを併用しないと辛いですが、電話は余りしない人なら十分でしょう。

いろいろ端末を持ち歩くのが趣味な人を除けば、一台で何でもすませたいもの。改めて考えると、やっぱり安心の大手の通常のサービスでiPhone・・・になってしまうのは当然の流れなのかな??と感じてしまいます。

 

 

[`evernote` not found]
LINEで送る