WD3Warpの立体機能

木造構造計算ソフトのWD3Warpは、低価格なのに実務者に必要な機能が満載されている実用的な扱いやすい構造計算ソフトです。無料でかなりの機能を試せるので、暇を見つけてちょくちょく遊んでいます。知らなかったのですが、無料の間でもShadeへの立体モデルの出力機能が使えます。悲しいことにファイル形式がXMLなので、Shadeのビューアなどで見られないのが悲しいです。ただShadeを持っている人からすると案外おもしろい用途が見つけられるはずです。

ちなみに公式スタッフブログの記事はこちら。

ストラデザインには、応力などの色分けで立体を表示できる機能があります(オプションですが便利です)。ただ出力や編集はできません。kizukuriには立体の概念がないらしく、あくまで2D実務です。HOUSE-ST1はそもそも表示は立体だし、CADメーカーでもあるのですが出力機能はありませんね。おそらく軸組を三次元でSketchUPやCADファイルに出力できれば更に面白い使い方ができると思うのですが。実務者向けのWD3Warpに面白い機能が実装されているだけに残念です。WD3WarpもCADファイルやSketchUPに対応してみては??と思います。

[`evernote` not found]
LINEで送る