DRA-CAD12LE Preview のJWWファイル串刺し編集ファーストインプレッション

まさかのDRA-CAD嫌いな私が、その日のうちに触るとは・・・(涙)。

ただ、今回は期待している機能がありんす。もちろんJWWファイルの串刺し編集だ。

今までもDRA-CADファイルはできたのだが、そんなマイナーなファイル形式だけでは結構大変。もちろんファイル形式を変換すればできるのですが、12ではJWWのまま(たぶんDWGも)できるのだ。複数ファイルの同時編集は貴重です。案外DRA-CAD最大のポイントかもしれません(無責任)。

イメージ000

このようにファイルを選択します。表示、編集は自由に選べます。実際は実務のファイルで試したのですが、さすがにキャプチャーできないのですみません。JWWのサンプルです。

イメージ005

重ね合わせると左側の部屋のように、薄い線で表示することもできます。両方とも編集、片方だけ編集とかできます。意外に便利な機能で、JWWユーザーはDRA-CADを入手したら是非とも使って欲しい機能です。今のところ安定して動いています。動作も軽快です(まあHaswellですから・・・)。

昨日、DRA-CADからAutoCADへ乗り換えた某大手設計事務所の方に話を聞いたのですが、やっぱりDRA-CADのほうが直感的で操作が1つ少なくて済むそうです。プログラマの方がもう少し柔軟に他社のCADの良いところを取り込めば、更によいCADになると思うのですが、その気はないようです。たぶんこれからもマイナーなCADとして細々と一定の作図マニアの道具として残っていくと思います。そう考えるとかなり惜しいソフトだと思います。今のままでは主流にはほど遠いと思います。

 

 

[`evernote` not found]
LINEで送る