BIM時代のDRA-CADの立ち位置

大手設計事務所の方と話していると、BIM化の波は嫌でも感じます。しかしBIMだけで完結しないジレンマのようなものも感じます。海外との文化の違いで施工図に書き込む情報量が日本と海外では圧倒的に違うそうです(もちろん日本が多いです)。そのため、海外のBIMソフトでは日本の文化に対応できないそうです。そのため福井コンピュータのGLOOBEは、別に施工図CADを持っていて作業分担しています。すべてを一体に管理・・・というBIMの考え方に逆行していますが、今のところ仕方がないのかもしれません。また海外のBIMソフトでは日本の建築法規や建築の常識などに対応できません。機能的には上なのですが・・・。そこでGLOOBEでは国産という強みを活かして日本の設計に必要な機能を次々に実装しています。しかしながらすべてを・・・というレベルにはほど遠いです。

そんなわけで、BIMの価格が安くなったと喜んだところで、CADも必要で、設備投資が二重に必要なので経済的ではありません。AutodeskのようにBIMもCADもあり、というのが理想ですが、両方とも高いです。ARCHICADは、元々がCADといっても現状ではCADを併用している事務所が多いようです。先日最新版を見てきましたが、やはり詳細な図面を書けるようにと改善を進めているようで、かなり良くはなってきています。GLOOBEは、まさかアーキトレンドZと併用!という企業はないでしょうから、やはり施工図CADを買ったり、他のCADで代用していると思います(すみません情報がないです)。

そんななか、BIM販売業者以外のCADでIFCファイルに標準で対応しているCADは少ないです。もちろんDXFなどのファイル形式に変換して・・・はどのBIMでも可能ですが。そんななかDRA-CADは古くから(2バージョン前?)BIM対応に取り組んでおり、IFCファイルの読み込みに対応しています。新発売のDRA-CAD12(LEは不可)は、更に「Model Assist」という機能を実装し、建物を構成する柱や梁などの要素を選択しての3Dモデルデータの変換や、BIMの3Dモデルから平面図や立面図を作成して変換することが可能になりました。こうなると基本設計やある程度のモデリングはBIMに任せ、最終的な図面出力はDRA-CADでという使い分けもできます。また3Dモデルを読み込めるので、DRA-CADの日影図や天空率などの建築系機能を使うことも可能で、連携による強みは計り知れません。

作図部分に関しては改良で、なんとかしてもらいたいものですが、過渡期なのでCAD併用もやむなしと思います。ただ、建築検討のツールとして考えた場合、DRA-CADのようにIFCファイルを読み込んで、何らかの検討を行う・・・というモデルはアリだと思います。もっとも機能が駄目だったら意味がないのですが。その意味ではDRA-CAD12は楽しみです。

[`evernote` not found]
LINEで送る