本舗の開発している新型住宅

来年の発表を前に、社内で計画している新コンセプトの住宅。住生活安心企業を標榜している本舗ならではで、デザインも構造も家自体も主役じゃない、まさに住生活をメインとした構成となっております。まあ設計事務所とかの存在意義を問われそうですが(汗)。いままでどちらかというと、デザインや構造面を前面に提案してきました。まあ当たり前の話ですが。しかも完成度を高くすることを主眼に置いているわけです。

新コンセプト住宅は、「完成なのに未完成」という部分を前面に押し出します。お客様参加の住宅造りというのとも違います。現在最終的な仕様(まあほとんどないのですが)を決定している最中です。

消費増税後は、住宅需要は冷え込むと思います。そんな当たり前の事象を悲観しないで、消費増税後で良かった!と思える住宅を建てていきたいと思っています。

[`evernote` not found]
LINEで送る