信長の野望 創造

はい。我慢できず買いました。もちろん日曜日です。楽天ダウンロードで手軽に購入できます。恐竜級ソフトもダウンロードしている私としては、そんなに時間も手間もかからなかったのですが、光回線がない人はかなりインストールまで時間がかかります。

まずびっくりしたのが、スタート画面。光栄からずいぶん離れていたのですが、こんなに変わっているとは!便利です。そして・・・当たり前のように初代信長の野望の信長の肖像ボタンも・・・。つまりダウンロード版でもプレイできるんですね。初代!うっかりクリック!(爆笑)。すると昔の画面そのままの雰囲気で起動します。画面はかなり荒いです。昔は高級なPC9801ですら640×400ドットと今のスマートフォンにも負ける解像度でしたからね。それよりも低いということでしょうか?そして懐かしのキーボード操作。光栄チックな数字コマンドが哀愁を漂わせています。能力値をスペースバーを叩いて決定する画面も懐かしいですね。そういえば健康のパラメーターもあったっけ??武将はまだ登場せず、信長か信玄しかプレイできないし、コマンドも季節毎。光栄のすべてのゲームの原型とも思える仕上がりで、今あっても十分楽しめそうです。できれば、歴代の信長を全部搭載して欲しかったな。全国版、戦国群雄伝、武将風雲録あたりは、今でも根強い人気がありますからね。

びっくりしたのが、創造は、以前の信長が非常にマニアックになっていた部分がかなりシンプル化したこと。非常に遊びやすいです。難易度も若干低いのでは?と思えるくらい。覇王伝、天翔記、将星禄あたりは結構マシンスペックもプレイ内容も難しかったですからね・・・。それ以降はあまりやっていなかったのですが、創造は、ウィンドウズの操作性がうまくミックスされた武将風雲録っぽいイメージですね。チュートリアルがあるので、操作を学びながら基本プレイを行うことも可能で、過去の古い信長ユーザーでも案外すんなりゲームに入っていけます。また歴史イベント通りにプレイすることができます。私も信長でやりましたが、弟が裏切ったり、斎藤道三と会ったり、桶狭間の戦いがあったり、面白かったです。桶狭間が発生するトリガーが・・・というところが、歴史マニアならナイス!と思える演出がたくさんです。歴史マニアや歴女の方々も満足できる内容になっていそうです。いろいろ凝れば様々なことができますが、そうじゃなくても楽しめるのがミソ。秀吉の顔は笑えますが(猿じゃない・・・)。

グラフィックも近年の信長シリーズ同様きれいです。音楽も本格的。ただ、ここは昔のFM音源のチープなほうが、ゲームっぽくていいです。今回は高スペック(Haswell)でプレイしましたが、CPUさえ良ければグラフィックは内蔵のものでもまったく引っかかりがなく楽しめます。拡大縮小もスムーズなので、案外タブレットでも遊べるかもしれません。解像度もそれほど高くなくてもいけそうです。

注:当たり前ですが、会社のパソコンにインストールしているわけではありません(笑)。これで冬休みは家から出ないで安心です。

[`evernote` not found]
LINEで送る