「信長の野望 創造」 朝倉義景でプレイ

はい。一通りの訓練が終わったら、いよいよ本格プレイ。始めは・・・位置的に恵まれている朝倉義景でプレイします。

時代も違いますが、武将風雲録などと異なり、朝倉家はそこそこ戦力はあるし、武将もそれなり。一族も多いし。開発をじっくり続けて・・・という私のスタイルに向くかな・・・と思います。

歴史イベントが次々に発生するので、自分のペースがつかめて良いですね。とりあえず若狭武田家と浅井家に媚びを売って南方を金ヶ崎城だけに防備を固め、越前を開発。あまり能力の高い武将はいなくても文官はまあまあ。一乗谷は肥沃で開発しがいがあります。敵は北だけ!と思っていたら山道で飛騨とかにつながっているんですね。とはいえ機動力を考えれば、それほど脅威でもないし、強い大名も攻めてくる気配はないので、最低限!ってことで。北側は本願寺がうるさいですけど、この時代のせいか、あまり強くなさそう。長尾家にぶつかるまでは楽勝で行けそう♪

じっくり育てていくつもりでしたが、案外戦力が整っているので、本願寺攻略へ。地元豪族?たちを味方につけると楽ですね。兵糧や移動を考えて、続々と援軍を出すのが良さそうです。合戦はお膳立てである程度決まってしまうこのシステムは私的に良い感じです。連戦連勝で北陸地域の本願寺勢力を一掃。神保家もその勢いでつぶす。この時点で強力な武田家や長尾家と接触。怖いので同盟などで東と南の安全を確保。畠山勢との戦いに集中。それにしても長尾家は強そうなうえ、接触するだけで他家から戦を止めるように介入してくる。武田家ほど強そうでないので、次は上杉になる前につぶしておきたい。

七尾城は頑強でなかなか落とせない。畠山勢を一掃するのは結構大変でした。ちょくちょく長尾家と接触するし。武田家はなんだかんだうるさいし。南方を平和にしておいて良かった。この時期になるとほぼ内政が完成しているので、戦力を北に集中しやすい。沿道整備をかなりしたので、軍勢の移動はスムーズ♪これが功を奏して、一乗谷などに戦力を置いておけるのは良い感じ。本拠を移していよいよ長尾家攻略!と思ったら上杉に変わっていた!魚津城を攻略に取りかかるも、小城1つにてを焼く。大名自ら攻めてくるし・・・。うちの大将弱いから戦に出したくないし。頼りの軍師(役職はない)は寿命で死んじゃうし。踏んだり蹴ったり。3ヶ月がかりで攻め落としました。

初級モードですから、案外簡単に進んでいきますね。戦はやっぱり兵力を集めないと駄目です。武器はあっても訓練とかないし。武将の差も武将風雲録などと違って、それほど影響しない。経験で強くなるし、裏切りとかも発生しないので安心してゲームに打ち込めるのもいいところ。性善説的なゲームですな。戦国なのにナゼか平和な雰囲気です。時間がないので、あまりプレイできないけど、私のようなハトなゲーマーにはゆっくり楽しめそうです。冬休みが楽しみ!

[`evernote` not found]
LINEで送る