RICOH THETAファーストインプレッション(リコーの全天空撮影デジカメ)

話題の全天球イメージを撮影できるリコーのデジカメ「RICOH THETA」が届きましたので簡単なレポートを書きます。

このカメラは、全方位を一度のシャッターで撮影できる画期的なカメラです。本体には電源ボタンと撮影ボタンとWifi接続ボタンとUSB端子しかありません。非常に簡単ですが、非常に面白いカメラです。簡単すぎるのでiPhoneで制御しないと本格的には使えません(汗)。今日はiOS搭載機がないので、手で撮ったリポートです。

DSC_1877

今回購入したのはストラップ取り付け金具と本体。箱は最近流行のシンプルなもの。ちょっとだけ高級感があります。

DSC_1879

何かを連想するような箱の中身。実際、本体以外は、USBケーブルと簡単な説明書くらいしか入っていません。

DSC_1880

簡単な説明書を読めば、簡単に理解できます。ケーブルはスマートフォンなどでお馴染み。ただ専用ケーブルと書いてあります。実際私のスマートフォン用ケーブルでは充電は出来ても本体を認識できませんでした。何らかの相性があるのかもしれません。

DSC_1883

レンズがむき出しなのでソフトケースが付いています。実際直置きは厳禁。レンズは手で触らないほうがいいです。ストラップをつけて首にぶら下げる・・・ことは避けようと思います(汗)。それでもぶら下げたい人はケースに入れてぶら下げましょう。チャックが心配ですが。それよりも手で撮影すると自分が大きく写ってしまうので、本格的には三脚などで運用したほうがいいでしょう。

充電はパソコンにUSBで接続すればOK。撮影したらUSBでパソコンに接続して転送・・・。通常のデジカメになれている人なら十分ですね。電池交換はできないようです。

撮影は、電源ボタンを押し、シャッターボタンを押すのみ。実際はiPhoneで遠隔操作するのがベターで、無線LAN機能が搭載されています。ちなみにiPhoneで使えばGPSを記録することもできます。

R0010009s (Custom)

撮 影した原画を縮小してみました。こんな感じで写ります。ただのjpeg保存なので、写真管理ソフトや編集ソフトで編集できます。汎用性があっていいです ね。画質はノイズがかなり乗っている上、解像感がなく、かなり残念な感じ。でもこのカメラの特性は原画のきれいさではないですからね。模型内の撮影です が、10センチからピントがあうため、近接でも案外写ってくれます。模型マニアにもお勧めできますよ!

R0010007s (Custom)

通 常のjpegということで、Photoshopも使えます。屋外写真を撮ってみました。かなりノイズがのり、解像度が低いので、Photoshopでノイ ズ低減、シャープネスを若干かけてみました。でもこの状態・・・。ちなみに顔にモザイクをいれていますが、全天空が写るのでプライバシーには注意したほう がいいかもしれません。

実際に撮影した画像は、パソコンやiPhoneではアプリがあるの で見ることができます。パソコン用のアプリを使えば全画面で迫力ある映像をみることができます。またFacebookやtwitterにも投稿でき、同時 にTHETAの公開画面に投稿できます。この画面を使えば、他の人にアプリなしで見てもらうことが出来ます。ちなみにパソコンのアプリは非常に使い勝手が 悪いです。特にファイルの読み込みが一回一回初期フォルダに戻るので・・・。今後の改善に期待♪

今回撮影した画像3枚をアップしています。それぞれ若干レタッチしています。店内の写真はPhotoshopでフィルタ処理をしています。案外自然に仕上がります。他は上記写真です。

THETAのアルバム(Namazuhonpo)

ぐりぐり動かせるので楽しいですよ♪

建 築設計事務所的な利用としては、現場の撮影でしょう。小屋裏などは威力を発揮すると思います。リフォームの打合せも面白く、Photoshopを駆使して リフォーム後を表現する!というのも面白いかもしれません。壁紙程度しかできませんが十分面白いと思います。現場写真の補助的に利用したり、お客様に現場 状況をお知らせするのも面白いと思います。ISO1600まで、約10センチからピントがあう、シャッタースピードは1/8000から1/7.5と幅広 く、メモリーは4GBと十分です。電池は200枚と物足りないですが、パソコンにつなげばすぐ充電できます。重さも95gと軽量ですが、小型なので案外 ずっしりきます。使用温度は0度から40度なので、氷点下は難しいかもしれません。

次回は、iPhoneからの遠隔操作をリポートしたいと思います。

[`evernote` not found]
LINEで送る