GLOOBEでの木造設計の検証

福井コンピュータのBIMであるGLOOBEは、ARCHITRENDという木造にめっぽう強いCADをもっているせいか?木造には消極的です。カタログを見てもビル向けと書いてあるし、木造はできないように書いてあります。

実際のところはどうか?ということで、試用版で木造の設計を入れてみることにしました。まだ途中ですが・・・実用性はともかく入力はできます。ただ初期設定からも木造はないし、構造計算ソフトの木造でBIM対応しているものがない以上、私が試す意味があるのか??というのは大きな疑問です。もっとも現在の検証は、アーキトレンドで設計しにくいものをBIMでできるのか?ということと、小さな設計事務所で果たしてBIMが必要なのか??ということを確認するために行っています。本舗で検討中の新世代の木造構造設計に対応するために、既存のシステムからの脱却を目指しているわけで・・・。それとの融合性の検証も平行して行っています。なかなか難しいですね。

おそらく大多数の木造設計では、ARCHITRENDを持っているなら、GLOOBEは必要ないでしょう。凝った建物なら検討の余地はありますが、設計効率化と考えると疑問です。なんかDRA-CADクラスでも十分な感じがしますし。レンダリングの驚異的な速さと、モデリングのしやすさはGLOOBEの価値を高めていると思いますが、それだけで移行するのは勇気がいります。

それにしてもGLOOBEは、立体計画しやすいですね。これは木造でも同様です。ARCHITRENDは平面計画しやすいのですが立体計画は直感的ではないので、難しいです。案外、GLOOBEでプランと立体計画をし、ARCHITRENDで確認申請♪という使い方が現状では現実的かもしれません。そんな豪華なシステムは木造では不要ですが・・・。

[`evernote` not found]
LINEで送る