東芝もBay Trail-TのWindowsタブレット

海外で発表されていましたが、日本でも発売するようです。型番はdynabook Tab VT484です。8型のWindows8.1を搭載するタブレットです。当たり前の如くAtom Z3740を搭載しています。意外にも国産初の8型Windows8.1タブレットだそうです。

バッテリー駆動時間は公称11時間とやはり長いです。ラインナップは3つ。ストレージは32/64とちょっと少なめ。32GBはOfficeを標準搭載し、Personal2013かHome and Business2013を選べる。あと一機種は64GBでH and Bです。つまり全機種Office搭載です。価格はそれぞれ5万円台前半、6万円前後、6万円台半ばと、結構安め。12月31日までの購入者にはBluetoothキーボードをプレゼントするキャンペーンお実施するそうで、さらにお買い得です。

解像度は1280×800と少々低め。低価格だからいいか。当たり前のようにmicroSDカードスロットや前背面カメラ、Micro USB端子を搭載しています。

案外、AndroidやiPadなどのタブレットより汎用性があっていいかもしれません。8型ならアプリがなくてもあまり気になりませんし。

[`evernote` not found]
LINEで送る