日本マイクロソフト、Windowsタブレット購入で5千円のストアギフトカードプレゼント!

今のマイクロソフトはなりふり構わない感じが好きです。いつだって、こういう姿勢って大切だと思います。昔のマイクロソフトを思い出します。今が勝負時ということを感じているでしょうね。

11月15日から2014年1月10日まで、対象のWindowsタブレットを対象店舗で購入すると先着で5千円のWindowsストアギフトカードが貰えるそうです。ちなみに、ヨドバシ、ビックカメラ、エディオン、ヤマダの各グループの店頭だそうです。

そしてWindows8.1ユーザーを対象に、キャンペーンサイトでくじを引くと1万人に最大500円分のWindowsストアギフトカード利用コードが当たります!

3つ目は、コンテンツの割引きキャンペーンでWindowsでも利用できるXbox Videoの映画100タイトルを最大65%割り引くそうです。

Windows8.1の普及に全力投球しているみたいですね。

興味深いのは、1つめの場合、比較的高価な、しかも新しい製品につけられるのが普通ですが、Surfaceなら旧型もRTも対象ですし、デルのLatitude10やASUSのVivo Tab RT TF600Tのように比較的古くて安価なものも含まれている点です。低価格なものでも普及すればWindows8.1は十分魅力が伝わると考えているのでしょう。私も同感です。世間ではWindows8.1を過小評価しているみたいですが、やはり先端OSには間違いなく、タッチ操作だけでなく魅力あるOSでビジネスで使うのには今後もスタンダードであり続けると思います。

そうなるとどれを買うか?迷いますね。何しろ対象にTransBook T100TAという本命も入っていますし、Surface Pro 2のような魅力的な機種もあります。Vaio Tap 11のような次世代のスタンダードを狙う変形機種もありますね。このキャンペーンに間に合わなかったIconia W4のような機種もあるので、待つか・・・という考えもアリ。年末は悩みがまた1つ増えそうです。

[`evernote` not found]
LINEで送る