AutoCADの互換CADの導入を考える

こういう話になると、「だったらAutoCADを買えばいいじゃん!」と言ってしまいます。案外相談が多い話です。言うまでも無くAutoCADは高いです。しかもバージョンアップも毎年行ってくれますし。安心感はありますね。

ただし、私のようなのどかな地方の設計事務所では、周囲でAutoCADを使っている事務所なんて少数派。圧倒的にJWWが多い地域です。情報も少ないのです。

さて、久々の大型新人がAutoCADの使い手らしいので、無理矢理JWWを勉強させようか?斜陽感著しいDRA-CADを勉強させようか?迷っています。どちらもAutoCADとは別物ですから。ファイル互換性という意味ではDRA-CADでもいいのですが。

さて、どちらにせよ書かなければならない図面は膨大ですから、さっさとこなさなければなりません。そこで互換CADの話。この際有料無料は問いません。継続性も問いません(最終的にAuto系に切り替える予定はありません)。2Dオンリーです。個人的にCADで仕事効率を図る時代は終わっており、BIM化を優先させるつもりです。

候補は、

・BricsCAD

やっぱり安心感といえばこれでしょうね。きちんとバージョンアップしていますし。Win8も正式対応です。私の廻りでも一番名前を聞きます。互換性も高そうでdwgも2013まで対応しています。2DメインのClassicなら5万円を切っていますし、最上位のPlatinumも10万円を切っています。有料サポートも充実しています。操作性などよくわからないけどイメージいいです。

・ZwCAD

あんまり知らないけど、こちらも良さそう。若干古めに見えますね。一番安いStdで6万5千円。多機能ですし互換性も問題なさそうです。

・DraftSight

無料版といえばこれ。アノ大手CADベンダーが開発していますから、フリーとは言え安心感があります。最近、情報量が多くなってきています。

・IJCAD

JWWファイルを扱えるのが強み。価格も機能が少ないLTなら5万円(JWWが使えない)、ファイル変換機能などが大幅強化されているSTD(JWWが使える)なら7万円と、他と同じくらい。

こうしてみると、短期間なら我慢して無料のDraftSightにしてみるか、JWWの互換性を考えてIJCADにするか??というところでしょうか??社内CADをあまり増やしたくないのですが、確かにAuto系は皆無。変換はDRA-CADやCroscopeで行っている現状です。BIMと相性がいいものは??とかも考えなければならないでしょう。もう少し考えてみます。

[`evernote` not found]
LINEで送る