秀丸とWZ EDITORとMIFES

 私の好みのエディターは学生時代から使い続けている秀丸です。ノートパソコンで文章を打ち込むのが好きな私にとって、マシンパワーが非力な時代はエディタが必須でした。ワープロは高かったですからね。それ以前は、VZ Editorを使っていました。VZがMS-DOSだったわけで・・・かなり昔ですね。Windows時代には、秀丸を中心に使い続け、他にも何個か使い分けています。
 個人的に使っていて良かったな、と思ったのはMIFESとWZ EDITOR。やっぱり定番は使いやすいですね。MIFESはバイナリをいじったときに重宝しましたし、WZは、モバイルギアでのPocekt WZの印象が強いです。
 最新のWZはWZ EDITOR 8となり、Windows8対応、PDF出力や書籍形式の文章作成に対応など、より魅力的になっています。縦書きが比較的違和感なく編集できるのが魅力です。MIFESの最新版はMIFES9.1。Windows8対応はもちろん、SNS投稿機能が面白いです。TwitterやFacebookに投稿できるのです。個人的にアイコンが大きくなり、タブレットで使うのに便利そうなのが魅力です。もちろんタッチ操作をサポートしており、フリック操作も可能です。
 まあテキストエディターですから、かなり昔に完成してしまった感があり、追加機能は正直不要かな?と思うことはあります。ただこれら有料で今となっては高い値段に見えるテキストは非常に有効であり、今後も必要なツールだと思います。
 Webベースで実用になるエディターがでるまで現在のエディターは手放せません。
 
[`evernote` not found]
LINEで送る