う~ん。図面と計算書と現状が違う!

 現在耐震診断を行う予定の住宅。図面が先に手に入ったのでチェック。木造3階建てで構造計算されている、図面が揃っている・・・ということで安心していたのですが・・・。計算書が手書き。時代が時代ですからね。むしろきっちしやってあるものも多いのだから気にしないけどね・・・。と思ってチェックしていたら次々に・・・まず構造計算書で耐力壁になっているところに竣工図には、雑壁すらない!!思いっきりオーバーハングしているのに、下部に補強すらしていない・・・。あきらかに材料が細い2間飛ばしで210??柱も意匠図と整合はないし・・・。とりあえず取り除かれた壁多すぎ!う~ん。現地調査が大変そう(涙)。
 ちなみに、よく揺れるので相談があったお客様です。建った年代を考えればよく我慢されていたな、と思う反面、その間に大地震がなくてよかったなと思います。
[`evernote` not found]
LINEで送る