HOUSE-DOCVer3最速?レビュー

 今日届きました!HOUSE-DOC Ver3!商工まつりの準備で忙しくてようやく触ることができました。取り急ぎ感想と画像のアップ。

HOUSE-DOC Ver3パッケージ
 販売用パッケージはあるのですが、Ver3の記述がありません。デザインも以前よりもシンプルになりました。店頭販売用ではないのかもしれません。

HOUSE-DOC Ver3一覧2
 中身もかなりシンプルです。今回はバージョンアップ版だからかオンラインハードプロテクト更新ディスクと本体インストールディスクの二枚が付属しています。またUSBプロテクトは書き換えとなりますので、書き換え後のシールも付属します。相変わらずマニュアルが添付されません。インストール用のマニュアルは付属するのですが。いくら簡単に使える、ヘルプが優秀だからといって、これから使おうとする人には不親切。このあたり苦情はいっていないのでしょうか?(私のまわりではよく聞きます)。改善を求めます。また構造システムは移転するらしく移転のご案内が入っていました。これは新設ですね。電話番号も変わるみたいなので、ユーザーは要注意ですね。

HOUSE-DOC Ver3画面
 ユーザーインターフェイスの変化が一番大きいのではないでしょうか?しかしプログラマがこのインターフェイスを使いこなしていないのか?若干の不安要素を残しています。例えば計算ボタン。実は精密と一般で動作は違います。「そんな細かいことは!」と思う人もいますが、せっかくのクイックアクセスツールバーに計算を割り当てると、精密も一般も登録しなければなりません。アイコンも微妙に違うのですがわかりにくいです。すでにHOUSE-ST1やHOUSE-省エネなど同様のインターフェイスを同社は導入しているわけで、その欠点や利点は十分に社内に還元されているはずなのに若干残念です。ただ、そういった部分に目をつぶれば、従来よりも扱いやすくなっています。従来ショートカットキーでしか対応できなかった壁仕上げの入れ替えも「ツール」にコマンド登録されました。
 肝心の計算部分ですが、こちらも何とか2012年に合わせて出そうとした努力は伝わりますが、やはりこれからという積み残し部分を残しています。それは他社でも同じ傾向があります。今後少しずつ加えられていくと思います。
 基本的な改訂点について実験しましたが、特に問題はないようです。真新しい機能がなく、Ver2で不満点として上げられていた部分の修正にあまり手を加えられていないのが残念ですが、元々完成度が高いソフト。何よりも扱いやすいですから、今後も定番として活躍するソフトだと思います。

[`evernote` not found]
LINEで送る